団体は春日部、個人は林隆羽君が優勝

未分類
06 /18 2017
 第41回全国高校囲碁選手権埼玉県大会が17、18の2日間にわたって行われ、男子団体戦で春日部高(林隆羽、中島光貴、中島駿)、同個人戦で林隆羽君が優勝した。
 17日に大宮商高で行われた団体戦には4校5チームが参加した。昨夏の全国選手権を制した春日部と今春の全国選抜大会を制した浦和が予想通り勝ち進み、両校の直接対決は春日部が2―1で勝利し、優勝を決めた。3将戦は浦和の佐藤正太郎君が中島駿君を破ったが、主将戦は林隆羽君が林朋哉君を破り、副将戦も中島光貴君が谷川大知君を破った。昨年優勝の実績から埼玉に全国大会参加校の増枠があるため、準優勝の浦和も全国大会に出場する。両校の決勝も夢ではない。
 18日には浦和高で個人戦が行われた。参加者は16人。優勝した林君は変則リーグ戦の3回戦で林朋哉君(浦和2年)を、4回戦で工藤義也君(開智高2年)を破った。スイス方式の得点の結果、準優勝は林朋哉君、工藤君が3位。個人戦も昨年の優勝実績から代表の枠が一つ増えたため上位3人が全国大会に出場する。今春の選抜大会を制した中島光貴君は5位に甘んじた。全国優勝者を押しのけて埼玉代表に決まった3人には大いに期待が持てる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!