春日部高が優勝

未分類
06 /18 2016
 第40回全国高校囲碁選手権埼玉県大会の団体戦が18日、大宮商業高校で行われ、注目の男子団体戦では春日部高(中島光貴、林隆羽、中島駿)が、昨年全国3位の浦和高を破り、34年ぶり5度目の優勝を遂げた。女子は大宮高が、昨年優勝の大宮商を破って初優勝を飾った。
 男子は4校8チームが参加した。ともに全国チャンピオン経験者2人ずつを要する春日部―浦和戦はどちらも全国大会での有力な優勝候補だろう。だが、埼玉の出場枠は一つしかない。
 まず3将戦で浦和の谷川大知君が中島駿君を破った。つづいて昨春の全国高校選抜大会の覇者・津田裕生君と昨年のアマ本因坊戦全国大会準優勝者の林隆羽君との副将戦は、壮絶な時計のたたき合いの末に津田君の時間が切れ、隆羽君が勝利した。勝負は主将戦にゆだねられた。こちらも時間ぎりぎりまで使い、中盤に優位を築いた4年前の中学生名人・中島光貴君が昨年の中学生名人・林朋哉君を破って優勝を決めた。
 準優勝は浦和高A、3位は浦和高B。Bチームのメンバー(工藤郁、佐藤正太郎、葛西雄理)も強力で、世が世なら軽く県代表になり、全国でも入賞できるレベルだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!