FC2ブログ

川口君らが決勝大会へ

未分類
08 /26 2018
 第40回世界アマ埼玉県大会が26日、川口市立中央ふれあい館で行われ、昨年優勝の川口飛翔君ら16人が決勝大会進出を決めた。
 大会にはシード選手を含めて51人が参加した。この日は予選リーグ戦2局と本戦1回戦までを打ち、強豪が順当に勝ち残った。決勝大会は来週の日曜日に大宮本因坊で行われる。
 勝ち抜き者は次の通り(敬称略)。
 川口飛翔、田熊秀行、中島光貴、野中遥真、小林光(以上川口)、白鳥幸男、小川賢(以上戸田)、伊藤裕介、松井比佐夫(以上所沢)、吉松滋(越谷)、曽我部敏行(さいたま)、野口正樹、寺嶋俊太郎(以上富士見)、橋本俊也(久喜)、大岩徹(三郷)、大倉健二(吉川)
スポンサーサイト

坂本さんがベスト4

未分類
08 /25 2018
 情報が遅れましたが、先週アマ本因坊戦全国大会が東京の日本棋院で開かれ、県代表の坂本修作さん(白岡)が4位に入賞した。 坂本さんは予選リーグを3連勝で突破し、準々決勝も快勝したが、準決勝で平岡聡さん(東京)に半目負けを喫した。平岡さんとの碁は序盤から優勢を築いたが、ヨセで「軽率な手」(本人談)が出て逆転を許した。決勝は平岡さんがアマ名人の栗田佳樹さん(招待)をを破って4度目の優勝を飾り、名誉アマ本因坊の資格を得た。
 埼玉からはほかに出場した名誉アマ本因坊の招待選手・中園清三さん(ふじみ野)はベスト8。準々決勝で平岡さんに敗れた。昨年優勝の招待選手・林隆羽さん(さいたま)は予選リーグ2勝1敗で敗退した。

白鳥さんが優勝

未分類
08 /18 2018
 平成30年度の埼玉県市町村職員囲碁大会が18日、さいたま共済会館で行われ、名人戦の部で白鳥幸男さん(蕨市)が優勝した。
 大会はノーハンデの名人戦の部とハンデ戦1組、2組に分かれて行われた。参加者は計13名。
 結果は次の通り(敬称略)。
 【名人戦の部】①白鳥②黒瀬弘(さいたま市)③坂本義明(寄居町)
 【ハンデ戦1組】①立石公太②長野司(北本市)③稲葉賢作(川口市)
 【ハンデ戦2組】①稲葉達哉(川口市)②折原直人(川口市)③仲司(和光市)

埼玉は4位に

未分類
08 /05 2018
 第8回首都圏カップ争奪こども囲碁団体戦が5日、神奈川県横浜市の横浜市技能文化会館で行われ、埼玉県チームは4位に終わった。優勝は東京、群馬が準優勝。
 大会には首都圏の8チームが参加した。4チームずつ2組に分かれて総当たりのリーグ戦を3局打ち、各組同順位同士が最終順位決定戦に臨んだ。埼玉は1回戦で栃木を5―4、2回戦で富士山チーム(山梨・静岡連合)を6―3で破り、群馬との3回戦に臨んだ。主将の小西涼暉君、副将の吉田一喜君が勝ったものの2―7で敗れた。千葉との3位決定戦も4―5で敗れた。過去に優勝2回、準優勝5回の埼玉が優勝決定戦に進めなかったのは初めて。

深田君は3位

未分類
08 /01 2018
 第39回少年少女囲碁全国大会の準々決勝から決勝までが1日、日本棋院で行われ、埼玉県代表の深田裕仁君(さいたま市立三橋小4年)が3位に入賞した。
 深田君は準々決勝で昨年3位の金築侑君(東京)を破り、準決勝では沖縄県代表の川畑拓也君(3年)と対戦した。黒番の深田君は下辺で白の大石を取りにいく。確かに白は1眼になったが、包囲している黒にも眼がなく、結局眼あり眼なしで黒が取られてしまい、万事休す。その後、3位決定戦には勝って3位を確保した。
 決勝は川畑君が勝って優勝を決めた。小3での優勝は20年前の井山裕太以来だという。

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!