FC2ブログ

深田君がベスト8に

未分類
07 /31 2018
 小・中学校団体戦につづいて、今日から少年少女囲碁全国大会が始まった。埼玉県代表の4選手のうち、深田裕仁君(さいたま三橋小4年)がベスト8に進出した。準々決勝から決勝までは明日行われる。
 中学校の部の小西涼暉君も一次リーグを突破したが、決勝トーナメント1回戦で逆転負けを喫した。小学生の橋本航太君、中学生の吉田一喜君は2―1で一次リーグ敗退。
スポンサーサイト



下落合小が準優勝

未分類
07 /30 2018
 第15回文部科学大臣杯小・中学校囲碁団体戦の決勝トーナメントが30日、日本棋院で行われ、埼玉県代表のさいたま市立下落合小(田坂心音、木村由奈、三島木継陽)が小学校の部で準優勝した。
 昨年3位の下落合小は同じメンバーで臨み、初日の一次リーグは一つも星を落とさず勝ち進んだ。この日の準々決勝では都城市立上長飯小(宮崎)を、準決勝では洗足学園小(神奈川)をいずれも2―1で下して決勝に進出した。決勝の相手は連覇を目指す大分市立金池小。去年の優勝メンバーがそのまま残りっているだけに強く、0―3で敗れた。
 田坂さんの話「小学校最後の全国大会なので優勝したかった。負けたのは悔しいが、去年よりも順位を上げられたのはよかった」

下落合小が決勝トーナメントに進出

未分類
07 /29 2018
 29日から小・中学校団体戦全国大会が行われ、初日の一次リーグ戦で県代表の下落合小(田坂心音、木村由奈、三島木継陽)はいずれも3―0のストレートで勝利し、明日の決勝トーナメントに進出した。
 埼玉からは小学校4校、中学校4校が出場したが、他はいずれも敗退した。

林朋哉君が全国優勝

未分類
07 /25 2018
 第42回文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権大会全国大会が23日から3日間、東京の日本棋院で行われ、男子個人戦で林朋哉君(浦和3年)が優勝した。朋哉君は3年前の中学生名人。現アマ本因坊で、春の選抜大会優勝の林隆羽君(春日部3年)は3位に甘んじた。また男子団体戦で3連覇をめざした春日部高(林隆羽、中島駿、吉田陽人)は、決勝で兵庫の名門・灘高に1―2で惜敗し、準優勝に終わった。主将として6連勝した林君は「個人としては力を出せた。決勝トーナメントはどこで負けてもおかしくなかった。2人はよく頑張った」と仲間をねぎらった。春の選抜を制した浦和高(林朋哉、工藤郁、佐藤宏史)は4位。
 個人戦で決勝対決が期待された埼玉の両雄は準決勝で激突し、朋哉君が勝って決勝に進出した。決勝は神奈川の元院生・鈴木智大君に勝利した。埼玉勢の優勝は一昨年の津田裕生君(浦和、現早大)に次いで2人目。朋哉君は「この選手権は1年の時から優勝をめざしていた。最後の年に優勝できてうれしい」と喜びを語った。

明日から高校選手権

未分類
07 /22 2018
 明日から東京の日本棋院で、第42回全国高校囲碁選手権が開催される。
 埼玉勢は男子団体戦に、3連覇を狙う春日部高と、春の選抜大会2連覇中の浦和高が出場する。埼玉の関係者としては両校の頂上対決を期待してしまう。
 また個人戦では3年前の少年少女大会で優勝を争った林朋哉君(浦和)と林隆羽君(春日部)が出場する。現アマ本因坊の隆羽君が高校生の県大会で負けるという一事をとっても埼玉の高校生のレベルが知れる。

鈴木さんと横山君が優勝

未分類
07 /22 2018
 第4回幸手本因坊・子ども本因坊囲碁大会が22日、幸手市北公民館で行われ、本因坊戦で鈴木正雄さん(久喜)、子ども本因坊戦で横山蒼大君(鴻巣市立田間宮小4年)が優勝した。
 大会には県内各地から137人が参加した。ノーハンデの本因坊戦、段位戦、級位戦に分かれて変則リーグ戦で4局打って順位はスイス方式の得点で決めた。24人が参加した本因坊戦では鈴木さんと吉田哲さん(白岡)が4戦全勝で打ち終えたが、吉田さんは得点差で2位に甘んじた。また44人が参加した段位戦は4人が全勝した。

市町村交流大会は9月30日

未分類
07 /22 2018
 21日、第5回市町村交流囲碁大会の第1回実行委員会がさいたま市で開かれた。
 今年の大会は9月30日(日)、川口市立中央ふれあい館で行われる。
 参加目標は32チーム。申し込み締め切りは9月2日(日)。
 選手は7人。内訳はシニア(70歳以上)1人、一般3人、女性1人、ジュニア(小中学生)2名。
 8月初めに各支部、各囲碁組織、過去の参加チームの代表にチラシ(現在、鋭意制作中)を発送します。
 次回実行委員会は9月4日(火)。

県連総会開かれる

未分類
07 /18 2018
17日、日本棋院埼玉県支部連合会(県連)の第Ⅷ期定時総会が開かれ、各支部、女性部から22人が参加した。棋院からも一宮部長、梅林次長が参加した。
 今年設立された狭山支部の池田支部長、初めて参加した秩父支部古沢副支部長らの発言に温かい拍手が沸き起こった。小江戸川越支部の斎藤さん、「お茶の里」入間支部の本木さん、東武支部の佐野さんからは地域の取り組みが報告された。参加者が発言される場が今まで以上に多く、「今までに一番いい総会だったよ」という声も聞かれた。
 議題としては、型通りの事業報告、決算報告、事業案、予算案のほか、県連会費を5000円に値上げする案が承認された。

少年少女の強化練習会、首都圏カップ予選

未分類
07 /16 2018
 毎年恒例の少年少女全国大会出場選手の強化練習会が15日、川口市立中央ふれあい館で行われた。多面打ちで指導にあたったのは 日本棋院の大矢浩一九段とアマ強豪の野口正樹さん、小川賢さん、大沢摩耶さんら。
 並行して、8月初めに神奈川県横浜市で行われる首都圏カップ予選会が行われ、横山蒼大君、大城哲君、小林高誠君、平野優衣さんが予選を突破した。
 首都圏カップ埼玉県選手団(選手9人と補欠)として次の7人は直近の大会実績から出場権を得ていた。
 小西涼暉、吉田一喜、吉田泰喜、深田裕仁、橋本航太、大須賀璃空、中井恵樹

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!