FC2ブログ

林君が優勝

未分類
06 /26 2017
 第63回アマ本因坊戦の2日目、決勝大会が25日、碁席・大宮本因坊で行われ、春日部高2年の林隆羽君(さいたま)が優勝した。林君は昨秋の埼玉名人戦、今春の朝日名人戦につづいて県大会3連続優勝を飾った。
 この日は初日を突破した16人が本戦2回戦から決勝まで4局打った。16人の顔ぶれのうち、10代、20代が半分の8人。紅一点の内田祐里さん(深谷)は前年の本因坊・伊藤裕介さん(所沢)に敗れた。
 準々決勝からの結果は次の通り(敬称略、左勝ち、△印先番)
 【準々決勝】
 △大岩徹―中押―竹田和正(越谷)
 小川賢(戸田)―5目半―△木下暢暁(志木)
 坂本修作(白岡)―中押―△池田晃希(さいたま)
 林隆羽(さいたま)―中押―△伊藤裕介(所沢)
 【準決勝】
 大岩―13目半―△小川
 林―4目半―△坂本
 【決勝】
 △林―12目半―大岩
スポンサーサイト

下落合小と開智中が優勝

未分類
06 /19 2017
 第14回文部科学大臣杯小・中学校囲碁大会埼玉県大会が18日、朝霞市の朝霞コミュニティセンターで行われ、小学校の部はさいたま市立下落合小(田坂心音、木村由奈、三島木継陽)、中学校の部は開智中(野中遥真、小宮南泉、中村朋滝)が優勝した。
 大会には小学校8校、中学校7校が参加した。変則リーグ戦で3局打ち、全勝チームを優勝とした。2位以下はスイス方式の得点上位校が再度戦って決めた。3位までに全国大会出場権が与えられる。
 代表選抜戦と並行してハンデ戦も行われた。
 県代表に決まったのは次の通り。
 【小学校の部】①さいたま市立下落合小②さいたま市立大宮東小③上尾市立上尾小
 【中学校の部】①開智中②和光市立第二中③さいたま市立大宮東中

団体は春日部、個人は林隆羽君が優勝

未分類
06 /18 2017
 第41回全国高校囲碁選手権埼玉県大会が17、18の2日間にわたって行われ、男子団体戦で春日部高(林隆羽、中島光貴、中島駿)、同個人戦で林隆羽君が優勝した。
 17日に大宮商高で行われた団体戦には4校5チームが参加した。昨夏の全国選手権を制した春日部と今春の全国選抜大会を制した浦和が予想通り勝ち進み、両校の直接対決は春日部が2―1で勝利し、優勝を決めた。3将戦は浦和の佐藤正太郎君が中島駿君を破ったが、主将戦は林隆羽君が林朋哉君を破り、副将戦も中島光貴君が谷川大知君を破った。昨年優勝の実績から埼玉に全国大会参加校の増枠があるため、準優勝の浦和も全国大会に出場する。両校の決勝も夢ではない。
 18日には浦和高で個人戦が行われた。参加者は16人。優勝した林君は変則リーグ戦の3回戦で林朋哉君(浦和2年)を、4回戦で工藤義也君(開智高2年)を破った。スイス方式の得点の結果、準優勝は林朋哉君、工藤君が3位。個人戦も昨年の優勝実績から代表の枠が一つ増えたため上位3人が全国大会に出場する。今春の選抜大会を制した中島光貴君は5位に甘んじた。全国優勝者を押しのけて埼玉代表に決まった3人には大いに期待が持てる。

長谷川さんらが優勝

未分類
06 /13 2017
 第11回級位者囲碁大会(日本棋院埼玉県支部連合会主催)が13日、北浦和のカルタスホールで行われ、長谷川修さん(さいたま)らが優勝した。
 参加者は81人。3級以上のAクラスと4級以下のBクラスに分かれて変則リーグ戦で各4局打ち、4戦全勝者が優勝、3連勝の後の優勝決定戦で負けた人を準優勝とした。そのほかの3勝者を3位とした。成績優秀者は昇級した。
 成績優秀者は次の通り(敬称略)。
 【優勝】長谷川修、菊川勝太郎(さいたま)、須黒恒雄(同)、永野和輝(伊奈)、中山一之(鴻巣)
 【準優勝】安藤三郎(さいたま)、皆川捷三(越谷)、丸山元庸(伊奈)、中川健三(越谷)、松城功(春日部)
 【3位】田尾健ら16人

16人が勝ち残り~アマ本因坊戦

未分類
06 /11 2017
 第63回アマ本因坊戦埼玉県大会の初日が11日、川口市立中央ふれあい館で行われ、高校生の林隆羽君、内田祐里さんら16人が勝ち残った。
 大会にはシード選手(本戦から参加)6人を含む69人が参加した。4人一組で一次リーグ戦を2局打ち、2勝者16人は本戦へ進出。また1勝1敗者からも10人が抽選で復活し、32人によって本戦1回戦が打たれた。
 初日の勝ち残り者は次の通り(敬称略)。なお、決勝大会は25日に碁席・大宮本因坊で行われる。
  木下暢暁(志木)、曽我部敏行、池田晃希、林隆羽(以上さいたま)、竹田和正(越谷)、神田信夫(上里)、岡本英明(和光)、寺嶋俊太郎(富士見)、伊藤裕介(所沢)、内田祐里(深谷)、橋本俊也(久喜)、坂本修作(白岡)、小川賢(戸田)、大岩徹(三郷)、三井達雄(川口)、新増季治(熊谷)

市町村交流大会は10月1日に

未分類
06 /09 2017
 今年の市町村交流大会は10月1日(日)に決定しました。
 会場は既報の通り県立春日部高。
 内容は今後、実行委員会で決定していくが、大枠は前回と大きくは変わらない予定。

熊谷市で本因坊戦第3局

未分類
06 /09 2017
 本因坊文裕に本木八段が挑戦する第72期本因坊戦第3局が8、9日、熊谷市の聖天山歓喜院で行われ、本因坊が中押勝ちした。これで本因坊の3連勝となった。
 7日夕、ホテルガーデンパレスで行われた前夜祭、8日はプロ棋士の多面打ち指導碁、9日は平田智也七段らによる大盤解説があり、3日間にわたり、棋士と囲碁ファンが直接交流する場がもたれた。
 熊谷対局は5年前につづいて2度目。それ以降、川越で棋聖戦が2度、川口(昨年)と戸田(来年)で十段戦を誘致するなど、県内のタイトル戦が一気に増えた。

坂本さん、5位に

未分類
06 /09 2017
 第38回世界アマ中国貴陽大会に日本代表として出場した坂本修作さん(白岡)が本日帰国し、ご挨拶をいただいた。
 大会は4日間にわたり、1日4局ずつ計8局打ってスイス方式で順位を決めた。
 坂本さんは初戦で韓国選手に敗れたものの、その後は勝ち続け、7回戦で北朝鮮選手とあたったがこれに敗れ、最終成績は6勝2敗で5位。もし北朝鮮戦に勝っていれば優勝の目もあったのだが…。優勝は中国代表。
 11日のアマ本因坊戦県大会の際に、坂本さんから大会の模様を直接お話しいただく予定です。

埼玉Bが優勝

未分類
06 /04 2017
 第62回関東甲信越静囲碁山梨大会が4日、東京の日本棋院で行われ、埼玉Bチームが優勝した。
 メンバーは主将・小川賢さん以下、工藤義也君、野口正樹さん、岡本英明さん、内田祐里さん。工藤君と内田さんは高校生。
参加は16チーム。埼玉Bチームは静岡、長野を破って2連勝した後、3回戦で神奈川・湘南チーム、優勝決定戦で神奈川・箱根チームをいずれも3―2で破った。3将の野口さん、4将の岡本さんが全勝でポイントゲッターになった。
 なお、県大会優勝経験者をそろえた埼玉A(木下暢暁、曽我部敏行、日高雅博、田熊秀行、伊藤裕介)は意外にも11位に終わった。個人では伊藤さんが4連勝した。
 最終順位は次の通り。
 ①埼玉B②神奈川・箱根③神奈川・湘南④山梨A⑤東京A

市町村交流大会、10月に春日部高で

未分類
06 /02 2017
 今年度の第4回市町村交流大会は10月に県立春日部高にて実施することになりそうです。
 200人規模の大人数を収容できる会場問題に毎年頭を悩ましていました。
 昨日(6月1日)、県連の貴堂会長、伊藤事務局長、少年少女囲碁協会の吉野事務局次長の3人で春日部高に直接お伺いして、校長・教頭に会場借用についてお願いしたところ、快くお引き受けくださる方向で話が進みました。
 校長先生の「県立高校は学校の業務に支障がない限り、地域の皆さん、県民の皆さんに広く開放するのが基本です」とおっしゃってくださったお言葉はありがたかった。
 ちなみに春日部高囲碁部は昨夏の高校選手権戦で団体優勝、今春の選抜大会では個人戦で優勝している。
 学校の正門を入ろうとすると「全国大会 団体・個人優勝 囲碁部」優勝という垂れ幕が否応なく目に入る。

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!