FC2ブログ

増田さんが優勝

未分類
05 /29 2017
 第72期本因坊戦第3局熊谷対局記念第4回熊谷めぬま縁結び囲碁大会が28日、妻沼中央公民館で行われ、本因坊戦の部で増田育男さん(行田)が優勝した。
 大会はノーハンデの本因坊戦とハンデ戦の部に分かれ、変則リーグ戦で前者は4局、後者は5局打って順位を決めた。
 本因坊戦の参加者は18人。増田さんと内田祐里さん(深谷)が4連勝したが、スイス方式の得点差で優勝、準優勝が分かれた。
 囲碁天国の参加者は90人。5戦全勝者に最優秀賞が授与された。また女性で3勝した小沢博子さん(さいたま)らに荻野吟子賞が贈られた。
 囲碁天国と並行して酒井真樹八段、矢代久美子六段、長島梢恵二段による多面打ち指導碁も行われた。
 本因坊戦の入賞者と囲碁天国の最優秀者は次の通り。
 【本因坊戦】①増田育男②内田祐里③新増季治④松島幾男⑤上武和夫
 【囲碁天国】熊崎傅一、早司、内田伸一、中山一之、茂木博由樹
スポンサーサイト



吉田君、熊谷君が優勝

未分類
05 /29 2017
 第38回少年少女囲碁埼玉県大会が28日、川口市立中央ふれあい館で行われ、小学生の部で吉田泰喜君(坂戸市立坂戸小6年)、中学生の部で熊谷昂亮君(川口市立青木中3年)が優勝した。準優勝の大須賀璃空君(さいたま市立芝川小5年)、野中遥真君(開智中3年)とともに、8月1,2日に東京で行なわれる全国大会に出場する。
 大会には小学生16人、中学生11人が参加した。2組に分かれて変則リーグ戦で3局打ち、各組上位二人が決勝トーナメントに進んだ。
 代表選抜戦と同時にハンデ戦も行われ、こちらには137人が参加した。
 選抜戦の3位以下とハンデ戦優勝者は次の通り。
 【選抜戦小学生の部】③田坂心音④橋本航多
 【同中学生の部】③伊沢勇人④小西涼暉
 【ハンデ戦】魏沢霖、大竹悠斗、原田篤人、山形太平、深野浩史、北村隼人、浜崎夏子、小山内謙、稲川愛莉

幸手本因坊墓石めぐり

未分類
05 /15 2017
 「第2回幸手本因坊墓石めぐり」が15日、幸手市囲碁連盟の主催で行われ、県内外から75人が参加した。
 幸手市は江戸時代中期に、8世伯元、9世察元、10世烈元と3代つづく本因坊を輩出した。
 その墓石が平成15年からの石造物調査によって確認された。
 参加者は幸手駅前に集合し、4班に分かれて徒歩で伯元、察元、烈元の墓の順にめぐった。
 蓮田市から参加した、女流アマ囲碁サークルの吉田芳江さんは「自分たちの住んでいる近くに3人も本因坊が出ているのに驚いた。感激した。」と語っていた。
 昼食後はアスカル幸手にて、幸手市教育委員会社会教育課の原太平さんによる「幸手本因坊をめぐる歴史―墓石発見から現在まで―」と題した講演もあり、参加者は熱心に耳を傾けていた。
 そこから駅までまた歩き、歩行距離は1万8000歩になった。
 充実した見学ができたせいか、さほど疲れは感じなかった。

伊藤さんが優勝

未分類
05 /14 2017
 北星会第78回大会が13~14日、小鹿野町の越後屋旅館で行われ、伊藤和由さん(行田)が優勝した。
 北星会は県西北部の愛好家が集う、県内でも古い歴史のある囲碁サークル。 『埼玉戦後アマ囲碁史』にも大きく取り上げられている。
 参加者は14人。変則リーグ戦で各11局打ち、次の通り順位が決まった。
 なお、上位3人は9勝2敗の同星ながらスイス方式の得点差によっった。
 ①伊藤和由②山田悟(ふじみ野)③新増季治(熊谷)④山田隆(深谷)⑤木村直弘(本庄)

林隆羽君が優勝

未分類
05 /07 2017
 全国高校総合文化祭宮城大会囲碁部門の埼玉県代表候補者最終選考会が7日、滑川総合高で行われ、男子は林隆羽君(春日部2年)、女子は伊藤佳菜子さん(星野2年)が優勝した。
 少年少女の全国大会優勝者が3人そろう男子は激戦になった。2回戦で中島光貴君(春日部3年)が林朋哉君(浦和2年)を破り、3回戦で林隆羽君が中島君を破る。4回戦では朋哉君が全勝の隆羽君を破り、3すくみになった。3勝1敗で3人が並んだが、スイス方式の得点により順位が決まった。男子の上位3人と女子の上位2人が夏休みに宮城県で行われる全国大会に出場する。
 【男子】①林隆羽②中島光貴③林朋哉
 【女子】①伊藤佳菜子②山下佐保(星野3年)
 なお、個人戦には林隆羽と山下さん、団体戦には中島君、林君、伊藤さんが出場する。

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!