FC2ブログ

春日部高と津田君が全国制覇

未分類
07 /27 2016
 第40回全国高校囲碁選手権大会が25日から3日間、東京市ヶ谷の日本棋院会館で行われ、男子団体戦で春日部高(中島光貴、林隆羽、中島駿)、男子個人戦で津田裕生君(浦和3年)が、ともに埼玉県勢としては現l行選手権での初優勝を遂げた。
 団体戦の春日部高は危なげなく一次リーグを突破した後、決勝トーナメント1回戦で平塚中等教育学校(神奈川)、準決勝で春の選抜大会優勝の桐蔭学園(同)をいずれも3-0で退け、決勝に進出した。相手は上宮高(大阪)。関西での院生経験者を3人そろえた強豪校だった。3将の駿君が初めて敗れたものの、副将の林君、主将の光貴君が安定感のある戦いぶりで勝利し、優勝を決めた。閉会式の講評で審判長の石倉昇九段は「史上最強の3人ではないか」と絶賛した。
 2日目の午後から行われた個人戦では、埼玉代表の林隆羽君(春日部1年)、津田裕生君(浦和3年)、推薦出場の昨年の中学生名人林朋哉君は順調に一次リーグを突破した後、決勝トーナメント1回戦でも全員が勝ってベスト8入りを決めた。翌日の準々決勝で朋哉君が惜敗したが、隆羽君と津田君は勝って準決勝に進出した。そこで県勢の同士討ちとなったが、それを制した津田君が決勝に進出した。相手は松本直太君(長崎)。一時は劣勢に陥ったものの10秒の秒読みの中で逆転した。最後は動揺した相手の時間が切れてしまった。津田君は平成21年の小学生名人以来の全国制覇である。「高校最後の大会なので気持ちで押し切った。最高の結果を出せてよかった」と喜びを語った。
 平成24年の小学生名人で、昨年のアマ本因坊戦全国大会で準優勝した隆羽君は3位、朋哉君は5位。それぞれのコメントは「不本意」(隆羽)、「準々決勝で今分君に負けたのが悔しい」と残念さをにじませた。
スポンサーサイト

8月以降の予定

未分類
07 /23 2016
 各種大会の8月以降の予定をお知らせします。

【8月】
7/31(日)~8/1(月) 小・中学校団体戦全国大会(日本棋院)
2(火)~3(水)     少年少女全国大会(同上)
2(火)~3(水)     全国高校総合文化祭(尾道市)
6(土)           中学・高校囲碁大会(春日部高)
7(日)           首都圏カップ子ども囲碁団体戦(東京・代々木)
7(日)           幸手本因坊囲碁大会(幸手市)
20(土)~21(日)   アマ本因坊戦全国大会(日本棋院)
28(日)          世界アマ県大会(川口)
【9月】
4(日)           世界アマ決勝大会(大宮本因坊)
17(土)~18(日)    世界アマ日本代表決定戦(日本棋院)
24(土)~25(日)    埼玉・群馬対抗戦(小鹿野町)
【10月】
16(日)~17(月)    ねんりんピック長崎大会(西海市)
23(日)          こども棋聖戦県大会(川口)

強化練習会

未分類
07 /19 2016
 平成28年度全国大会出場選手強化練習会並びに結団式が17日、川口市立中央ふれあい館で行われた。集まったのは小中学生約30人。
 指導者として松本武久七段にお越しいただき、4面打ちで4回打っていただいた。全国大会の練習が主目的なので、子どもたちはいずれも定先でお願いした。
 松本プロのほかにも、アマチュアトップクラスの木下暢暁さん、田熊秀行さんらが指導を買って出てくれた。
 並行して首都圏カップ出場選手選抜戦も行われた。

 また同日、浦和高校では高校生の全国大会出場選手強化練習会が行われ、金秀俊八段、アマ強豪の福岡修二さん、曽我部敏行さんが指導にあたった。

伊藤さんが初優勝

未分類
07 /11 2016
 第62回アマ本因坊戦埼玉県大会が10日、さいたま市大宮区の碁席・大宮本因坊で行われ、長崎県出身の元院生・伊藤裕介さん(23、所沢)が決勝で坂本修作さん(白岡)を破って初優勝を決めた。
 大会2日目は勝ち残った16人によって本戦2回戦から決勝までが行われた。唯一の女子中学生・大須賀聖良さんは初戦で伊藤さんに敗れた。昨年の全国中学生名人・林朋哉君は準々決勝で惜敗した。
 準々決勝からの結果は次の通り(敬称略、左方勝ち、△印先番)。
 【準々決勝】
 武井一利(中押し△)五味誠二
 坂本修作(10目半)△岡本英明
 伊藤裕介(時間切れ)△木下暢暁
 曽我部敏行(6目半)△林朋哉
 【準決勝】
 △坂本(中押し)武井
 伊藤(中押し)△曽我部
 【決勝】
 △伊藤(中押し)坂本

県連総会開かれる

未分類
07 /09 2016
 8日、川口市芝コミュニティセンターにて日本棋院埼玉県支部連合会第Ⅵ期定時総会が開かれ、27人が参加した。
 昨年度(27年7月~28年6月)事業報告としては、県連主催の新棋戦の創設、県連編集の『埼玉戦後アマ囲碁史』の完成などが主たる事業として報告された。
 今年度の事業計画としては、軌道に乗りつつある県連体制の充実、自主棋戦の精力的展開、『埼玉囲碁史』の販売促進計画等が提案された。
 また新事務局員として本庄支部副支部長の木村直弘さんが委嘱された。
 初の試みとして「ひと力・囲碁力・地域力」というテーマで、川越igoまち倶楽部事務局長・日本棋院理事の齋藤喜以子さんの特別報告があった。
 さまざまな先進的な取り組みを通して、囲碁に“社会的ミッション”を付加するというコンセプトなど参加者にとって大いに有益だった。

大須賀さんら16人が勝ち残り

未分類
07 /03 2016
 第62回アマ本因坊戦県大会が 3日、川口市立中央ふれあい館で行われ、中学生の大須賀聖良さん(さいたま)、高校生の林朋哉君(同)ら16人が勝ち残った。
 大会には一般参加者56人と招待・シード選手7人の計63人が参加した。
 4人一組で2戦し、2勝者は本戦へ、2敗者は失格、1勝1敗者は何人かが抽選で復活した。
 本戦1回戦からは招待選手、シード選手も加わり、次の通り初日の勝ち残り者が決まった(敬称略)。
 新増季治(熊谷)、小川賢(戸田)、武井一利(さいたま)、伊藤裕介(所沢)、平田秀栄(戸田)、藤幡英毅(川越)、大倉健二(吉川)、木下暢暁(志木)、五味誠二(戸田)、岡本英明(川越)、林朋哉(さいたま)、曽我部敏行(さいたま)、竹田和正(朝霞)、野口正樹(ふじみ野)、大須賀聖良(さいたま)、坂本修作(白岡)
 2日目は10日、大宮本因坊にて本戦2回戦から決勝までが行われる。

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!