FC2ブログ

林隆羽君が優勝

未分類
06 /19 2016
 第40回全国高校囲碁選手権埼玉県大会の個人戦が19日、県立浦和高で行われ、激戦となった男子の部では林隆羽君(春日部1年)が優勝した。女子は中里綺莉さん(大宮商3年)が、本多汐里(大宮3年)との一騎打ちを制して優勝した。
 男子は11人が参加した。変則リーグ2回戦を終えたところで、全国チャンピオン経験者の林隆羽君、中島光貴君(春日部2年)、津田裕生君(浦和3年)の3強が予想通り2連勝した。3回戦からは3強バトルとなり、まず林君が中島君との同校対決を制した。最終4回戦では林君が津田君との全勝対決を制し、優勝を決めた。林君は「優勝するつもりで参加した」と自信に満ちた力強いコメントを残した。
 2位は激戦となった。3勝1敗で中島君と津田君が並び、スイス方式のSODOSでは決着がつかず、総得点の計算によって辛うじて津田君が2位に入った。4年前の中学生名人・中島君は涙をのんだ。できるならば埼玉にもう一枠ほしいところだ。 
 なお、昨年の全国中学生名人・林朋哉君(浦和1年)は推薦で全国大会に出場する。
 同時に行われた段級認定大会には77人が参加した。
スポンサーサイト

春日部高が優勝

未分類
06 /18 2016
 第40回全国高校囲碁選手権埼玉県大会の団体戦が18日、大宮商業高校で行われ、注目の男子団体戦では春日部高(中島光貴、林隆羽、中島駿)が、昨年全国3位の浦和高を破り、34年ぶり5度目の優勝を遂げた。女子は大宮高が、昨年優勝の大宮商を破って初優勝を飾った。
 男子は4校8チームが参加した。ともに全国チャンピオン経験者2人ずつを要する春日部―浦和戦はどちらも全国大会での有力な優勝候補だろう。だが、埼玉の出場枠は一つしかない。
 まず3将戦で浦和の谷川大知君が中島駿君を破った。つづいて昨春の全国高校選抜大会の覇者・津田裕生君と昨年のアマ本因坊戦全国大会準優勝者の林隆羽君との副将戦は、壮絶な時計のたたき合いの末に津田君の時間が切れ、隆羽君が勝利した。勝負は主将戦にゆだねられた。こちらも時間ぎりぎりまで使い、中盤に優位を築いた4年前の中学生名人・中島光貴君が昨年の中学生名人・林朋哉君を破って優勝を決めた。
 準優勝は浦和高A、3位は浦和高B。Bチームのメンバー(工藤郁、佐藤正太郎、葛西雄理)も強力で、世が世なら軽く県代表になり、全国でも入賞できるレベルだ。

下落合小、鷲宮東中が優勝

未分類
06 /12 2016
 第13回小・中学校団体戦が12日、川口市立中央ふれあい館で行われ、小学校の部でさいたま市立下落合小、中学校の部で久喜市立鷲宮東中が優勝した。
 大会は代表選抜戦とクラス別ハンデに分かれ、ハンデ戦には34チーム102人が参加した。
 選抜戦小学校の部6校、中学校の部8校が参加した。
 小学校の部は総当たり、中学校の部は変則リーグ戦で各5局打ち、次の通り順位が決まった。小・中とも上位3校が7月31日、8月1日に東京で行われる全国大会に出場する。
 【小学校の部】
 ①下落合小(田坂心音、木村由奈、木村愛叶)②さいたま・大宮東小(藤井来允、板垣翔音、江草泰成)③開智小(瀧口陽万莉、小宮雪鹿、中西智美)
 【中学校の部】①鷲宮東中(岡田晴志、岡田陽志、上原旭真)②開智中(野中遥真、和久津寛人、小宮南泉)③さいたま市立与野東中(田坂圭都、小林大起、石引仁康)

祝賀会に100人近く

未分類
06 /12 2016
 埼玉県連会長の貴堂資彦氏の普及功労賞受賞と埼玉県連が刊行した『埼玉戦後アマ囲碁史』出版記念の両祝賀会が11日、さいたま市のさいたま共済会館で行われ、100人近い囲碁愛好家が祝福に駆け付けた。
 日本棋院・酒井真樹八段やアマ強豪・中園清三さんんらの祝辞につづいて乾杯に移り、あちこちに和やかな歓談の輪ができた。
 その後、『囲碁史』の執筆者である県連事務局長・伊藤和由さんが、実行委員の門奈玲子さんの質問に答える形で出版の経緯やコンセプト、裏話等について語った。
 つづいて埼玉の誇る中・高校生によるペア碁(中島光貴・林隆羽vs林朋哉・大須賀聖良)が行われ、元気のいい若者の碁に参加者はみんな引き込まれていった。解説は酒井八段。聞き手は大沢摩耶さん。険しい局面で予定時間が終了し、打ちかけで終わった。
 最後に貴堂さんと伊藤さんが謝辞を述べて和やかな雰囲気のうちに散会した。

埼玉Aが3位に

未分類
06 /06 2016
 第61回関東甲信越静囲碁静群馬大会が4~5日に東京のいずみ囲碁ジャパンで行われ、埼玉Aチーム(坂本修作、木下暢暁、池田晃希、伊藤裕介、曽我部敏行=(4日のみ、工藤義也=5日のみ)が3位に入った。
 大会には各都県代表16チームが参加した。埼玉からは3チームが参加した。
 2組に分かれて変則リーグ戦で3局打ち、各組同順位(スイス方式で決定)同士で最終順位決定戦を打つ。
 さいたまAは2回戦で東京に2-3で敗れたが、リーグ2位を確保し、静岡との3位決定戦に臨んだ。これに4-1で勝利した。
 個人では主将の坂本さん、5将の曽我部さん・工藤君組が4連勝した。
 埼玉C(竹田和正、森屋偉作・本田香樹、野口正樹、福嶋常、熊谷一亮・伊藤和由)は2-2で11位、埼玉B(小川賢、山田悟、増田育男、高橋治、大倉健二)は1-3で15位。その中で山田さんがアマ本因坊の芝野龍之介君に勝って注目を集めた。

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!