FC2ブログ

6月以降の主な予定

未分類
05 /31 2015
 6月以降の主な大会予定を列記しておきます。
【6月】
 6(土)~ 関東甲信越静大会(日本棋院)
 7(日)  関東甲信越静大会(日本囲碁連盟)
11(木)  級位者大会(北浦和)
14(日)  小・中学校団体戦県大会(北本市文化センター)
20(土)  全国高校選手権県大会・団体戦(大宮商高)
21(日)  同・個人戦、認定大会(浦和高)
28(日)  アマ本因坊戦(南浦和、大宮、熊谷)
30(火)  日本棋院埼玉県支部連合会総会(武蔵浦和)
【7月】  
 5(日)  アマ本因坊戦決勝大会(大宮本因坊)
18(土)  高校全国大会出場者強化練習会(浦和高)
19(日)  少年少女全国大会出場者強化練習会、首都圏カップ代表選抜戦(川口)
25(土)~ 全国高校選手権(日本棋院)
27(月)  
30(木)~ 全国高校総合文化祭大会(滋賀県長浜市)
31(金)
【8月】
 2(日)~ 小・中学校団体戦全国大会(日本棋院)
 3(月)
 4(火)~ 少年少女全国大会(日本棋院)
 5(水)
 8(土)   中学・高校大会(春日部高)
 9(日)   首都圏カップ団体戦(千葉県)
22(土)   市町村職員大会(浦和)
23(日)   世界アマ県大会初日(川口) 決勝は9月6日(日)
29(土)   北本ジュニア囲碁まつり=中止
30 (日)   世界アマ決勝大会(大宮)
スポンサーサイト

大須賀さん、林朋哉君が優勝

未分類
05 /31 2015
 第36回少年少女囲碁埼玉県大会が31日、川口市の中央ふれあい館で行われ、小学生の部で大須賀聖良さん、中学生の部で林朋哉君が優勝した。準優勝の中村文萌さん、林隆羽君とともに8月初めに東京で行われる全国大会に出場する。
 大会には小学生の部に12人、中学生の部にも12人が参加した。それぞれ2組に分かれて予選リーグ戦を3局打ち、上位二人ずつ計4人が決勝トーナメントに進出した。
 結果は次の通り。
 【準決勝】小学生の部 中村文萌(5目半)吉田泰喜 大須賀聖良(中押し)吉田一喜
       中学生の部 林隆羽(23目半)石原悠路 林朋哉(中押し)中島駿
 【決勝】 大須賀(中押し)中村  林朋(半目)林隆
  全国大会でも埼玉勢の活躍が大いに期待できる。
  ちなみに中学生の代表、朋哉君はゆうちょ杯全国大会準優勝者、隆羽君は3年前の全国小学生名人であり、今年の朝日名人戦県大会準優勝者。
 この日は同会場で92人が参加して段級認定大会も行われた。

「埼玉戦後アマ囲碁史」

未分類
05 /18 2015
 県連として取り組んでいる「埼玉戦後アマ囲碁史」(執筆は埼玉新聞囲碁担当・(棊楽子))の骨組が定まってきました。
 以下に章立てを書き出します。ご要望、ご意見等がありましたらぜひお寄せください。

 第1章 埼玉囲碁前史~江戸時代から戦前まで
 第2章 埼玉戦後アマ囲碁史概観
 第3章 四大棋戦を中心にした埼玉アマ囲碁の歩み
       Ⅰ期 森崎1強時代
       Ⅱ期 群雄割拠の時代
       Ⅲ期 戦後パワー全盛時代
       Ⅳ期 福岡・武井2強時代
       Ⅴ期 世代間角逐の時代
 第4章 各部門別大会の記録
        高校生の大会
        少年少女の大会
        女性の大会
        シニアの大会
        地域対抗戦
        埼玉大会から巣立ったプロ
 第5章 囲碁サークルの歩み
        柳蛙会と佐藤幹雄棋士
        北星会
        はなみずき会
        青木喜久代と共に強くなる会
        貴石会と彩香会
 第6章 日本棋院支部の歩み
 
 コラム 「坂田先生と父」(貴堂資彦)
      「緑星学園の歩みとそこから見えてきたもの」(大沢完治)
      「朝日十傑戦初優勝のころ」(住谷光圀)
      「盤師の仕事と、仕事を通じてつながる人々」(吉田寅義)
      「加藤先生からの突然の電話」(吉野潤)
      「女流アマ都市対抗戦の楽しみ」(島田敬子)
      「『手厚い』埼玉囲碁界」(田熊秀行)
      「ブラックホール解明のいとぐち」(河野孝太郎)
      「旧茂木房五郎邸訪問記」(伊藤和由)
      「徳次郎椿」(伊藤和由)
      「付き添いパパの見聞記」(伊藤和由)
 棋譜、写真多数

 巻末資料
     ・埼玉戦後アマ囲碁史年表
     ・四大棋戦入賞者一覧
     ・関東甲信越静大会参加者と成績」
     ・ねんりんピック参加者一覧
     ・少年少女埼玉県代表
     ・小・中学校団体戦の代表一覧
     ・高校選手権の代表一覧
     ・女流名人一覧
     ・諸全国大会優勝の記録
     ・県内支部の変遷
     ・普及功労賞、普及活動賞受賞者一覧

津田君と斉木さんが優勝

未分類
05 /17 2015
 しばらく更新を怠ってしまいました。この間の情報をまとめてお伝えします。
 5月10日(日)には滑川総合高で高総文祭最終選考会が行われ、男子は津田裕生君(浦和2年)、女子は斉木果穂さん早大本庄3年)が優勝した。
 この大会の上位入賞者のうち男子3人、女子2人が7月末に滋賀県で行われる全国大会に出場する。
 【男子個人戦】津田裕生
 【女子個人戦】工藤郁香(開智1年)
 【団体戦】谷川大知(浦和1年)、山本唯期(松山3年)、斉木果穂

 5月9~10には小鹿野町の越後屋旅館で、第74回北星会大会が行われ、伊藤和由さん(行田)が優勝した。
 大会には県内外から12人が参加し、総当たりリーグ戦を行い、次の通り順位が決まった。
 ①伊藤 ②新増季治(熊谷) ③土屋和史(西東京) ④浅野俊夫(坂戸) ⑤壺内茂人
 
 5月13日(水)には県連正副委員長会議が行われ、市町村交流大会(9月27日)、新女性大会(11月8日)、県連総会(6月30日)等を議論した。
 「埼玉戦後囲碁史」発刊の具体的段取り、新たなシニア大会の創設等も議論された。

 5月15日(金)にはねんりんピック代表選抜戦が行われ、埼玉県の代表に守屋進さん(川越)、早坂文男さん(白岡)が決まった。さいたま市からは向田曠さん一人だけの参加だったため、自動的に代表に決まった。

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!