FC2ブログ

中島さんが熊谷本因坊戦優勝

未分類
12 /23 2013
 第15回くまがや囲碁まつりが23日、熊谷市中央公民館で行われ、最高クラスの本因坊戦で中島祥行さん(滑川)が優勝した。
 大会には市内および周辺市町村から181人が参加した。
 ノーハンデで争う本因坊戦には22名、ハンデ戦の部には159名が参加した。
 成績優秀者は次の通り。
 【本因坊戦】①中島祥行②新井勝男③新増季治④石井靖⑤鈴木正文
 【ハンデ戦最優秀者=5戦全勝】
 A組―山田直樹
 B組―関口進
 C組―谷洋志
 D組―野本多功夫
 E組―奥田昭
スポンサーサイト



伊藤さんが全勝優勝

未分類
12 /22 2013
 北星会第71回大会(県連後援)が21(土)、22(日)の2日間、秩父郡小鹿野町の越後屋旅館で行われ、伊藤和由さん(行田)が11戦全勝で優勝した。
 大会には県西北部の打ち手12人が参加した。
 総互先の総当たりリーグ戦(持ち時間40分)を行い、上位入賞者は以下の通り。
 ①伊藤和由 11―0
 ②浅野俊夫  8―3
 ③新増季治  7―4
 ④山田 隆  7―4
 ⑤石川悠司  6―5

来年1・2月の予定

未分類
12 /19 2013
【1月の予定】
1月19日(日) 小江戸川越igoまち戦       川越連馨寺
  19日(日) 東日本大学OB・OG団体戦     日本棋院
  19日(日) 高総文祭一次予選*         熊谷高
  25日(土) 関東高校囲碁選手権         神奈川県厚木市
 ~26日(日) 
  28日(火) 棋聖戦第2局川越対局前夜祭     川越市
  29日(水) 棋聖戦第2局、指導碁会       同
 ~30日(木) 同、大盤解説
【2月の予定】
2月 8日(土) 埼玉女流名人戦           新都心
  16日(日) 埼玉女流名人戦(2日目)      新都心
23日(日) 埼玉女性囲碁大会*         浦和
  23日(日) ジャンボ囲碁大会          日本棋院
  26日(水) 第3回県連理事会          浦和

  *印は当初のお知らせから変更がありました。

竹下君が準優勝

未分類
12 /17 2013
 第3回くらしき吉備の真備杯こども棋聖戦が14、15日、岡山県倉敷市のマービーふれあいセンターで行われ、埼玉県代表の竹下凌矢君(蕨市立塚越小3年)が準優勝した。
 高学年の部に参加した小西涼暉君(さいたま市立芝川小4年)も同率5位に入賞した。
 大会には全国から低学年の部に44人(小1~3)、、高学年の部(小4~6)に46人の小学生が参加した。 県代表の二人はともに3連勝で予選リーグを突破し、決勝トーナメントに進んだ。
 竹下君は1回戦で愛知、2回戦で奈良の選手を破って決勝に駒を進めたが、前回3位の酒井佑規君(東京)に惜敗した。
 小西君はその初戦で敗れはしたが、レベルの高い高学年の部で4年生ながら枠抜けを果たしたのは立派だ。
 二人はともに仲邑囲碁道場で勉強している。

吹上が優勝

未分類
12 /15 2013
 第7回行田市級位者囲碁大会~3人そろって団体戦~が15日、行田市コミュニティセンターみずしろで行われ、団体戦で吹上チーム(本橋武志、遠田舜次、飯塚かをる)が10勝2敗の好成績で優勝した。
 大会には11チーム34人が参加した。棋力は1級から10級まで。変則リーグ戦で各4局打ち、個人の勝ち星の合計で団体戦の順位を決めた。
 団体戦の入賞チームと個人戦全勝賞は次の通り。
 【団体戦】①吹上②ショウクン③きらく
 【個人戦全勝者】平野進、飯塚かをる

工藤少年が優勝

未分類
12 /08 2013
 第56期埼玉囲碁名人戦の最終日、準決勝・決勝が8日、囲碁サロンさいたま新都心で行われ、中学1年、12歳の工藤義也君(さいたま)が並みいる大人たちを退け、史上最年少優勝を達成した。
 これまでの最年少優勝記録は福岡修二さんと堤田紘直さんの20歳。
 工藤君は3歳で碁を覚え、緑星学園さいたま新都心校で学んだ後、現在は東京の洪道場に週5回、光永道場に週1回通っている。まさに囲碁漬けの日々だ。
 工藤君の話「苦しい碁(2回戦の田熊戦、準決勝の小山戦)もあったが、なんとか優勝できてうれしい。今後は来年の少年少女全国大会での優勝を目標にし、その後プロを目指して院生になります」
 この日の結果は次の通り(敬称略、左方勝ち、▲印先番)。
 【準決勝】
 工藤義也(さいたま)―中押し―▲小山和之(さいたま)
 ▲吉田哲(白岡)―中押し―江森公洋(久喜)
 【決勝】
 工藤義也―中押し―▲吉田哲

川口市長との懇談

未分類
12 /05 2013
 来年の4大大会の予選を川口で行うべく、県連の貴堂会長、伊藤事務局長、川口支部の高橋支部長、伊沢幹事長らが12月5日、川口市長(この日は橋本副市長が代理出席)を訪問し、県連の活動への協力をお願いしました。
 大会の会場確保に関し、今まで以上にお世話になることでしょう。
 それとは別に川口支部では「十段戦」の誘致を働きかける動きもあり、市への協力要請をしました。

準決勝に新顔4人

未分類
12 /01 2013
 第56期埼玉囲碁名人戦の2日目が1日(日)、囲碁サロンさいたま新都心で行われ、中学生の工藤義也君ら4人が最終日の準決勝に勝ち進んだ。
 この日は、1日目に勝ち残った28人にシード選手4人が加わり、本戦1回戦から準々決勝までが打たれた。
 準々決勝の結果は次の通り(敬称略、左方勝ち、△印先番)。
 小山和之(さいたま)―中押し―△斉藤辰夫(三郷)
 △工藤義也(さいたま)―中押し―青松良吉(越谷)
 江森公洋(久喜)―9目半―△小野剛(さいたま)
 △吉田哲(白岡)―1目半―吉松滋(越谷)
 ベスト4の4人は10代が2人(工藤、小山)、20代(江森)が1人と70代(吉田)。いずれも初優勝をめざすフレッシュな顔ぶれとなった。
準決勝、決勝は8日に同所で行われる。
 

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!