FC2ブログ

4校OB交流戦

未分類
11 /24 2013
 第4回4校(浦和高、熊谷高、春日部高、川越高)OB囲碁交流戦が19日、囲碁サロンさいたま新都心で行われた。
 この交流戦は3年前に浦高―熊高OB交流戦として始まり、昨年から春高、今年から川高が加わった。
 参加者は浦高13人、熊高12人、春高3人、川高5人。
 それぞれ3~4局打ち、加藤進六段(浦高OB)らが好成績を収めた。
 今年から参加した川高OBの関口一郎さんは、来年1月末に川越市内で開催される棋聖戦七番勝負第2局関連の地元主催イベントを取り仕切る実行委員長。「前夜祭や大盤解説会にもぜひ足を運んでください」とPRしていた。
スポンサーサイト

28人が2日目に

未分類
11 /24 2013
 第56期埼玉囲碁名人戦(埼玉新聞社主催)の1日目が24日、川口市立中央ふれあい館で行われた。
 参加者は53名。4人一組で2局打ち、2勝者は予選通過、2敗者は失格、1勝1敗者は3局目に勝った者が予選突破となる。
 その結果、中学生の工藤義也君ら28人が2日目に進んだ。
 予選突破者は次の通り(五十音順、敬称略)。
 青松良吉、有馬研司、池田晃希、石橋周二、江森公洋、岡本拓也、小川賢、小野剛、片野英明、木村直弘、工藤義也、五味誠二、小山和之、斉藤辰夫、新増季治、住谷光圀、関仁、関根孝昭、高橋治、田所永造、徳永聡、永田昌夫、橋本俊也、村沢紘、森屋偉作、森洋三、山田隆、吉田哲
 2日目は12月1日、シード選手4人も加わり、囲碁サロンさいたま新都心で行われる。

池田君、斉木さんが優勝

未分類
11 /22 2013
 
 紹介が遅くなりましたが、第29回関東高校囲碁選手権県予選が16、17の2日間にわたって行われた。
 16日に大宮高で行われた団体戦では男子が浦和高A(菅沼恵介、飯塚暉、早下雅弘)、女子は浦和市立高(仲川暁実、久保野谷春香、河口泰子)が優勝した。
 17日に浦和高で行われた個人戦では男子が池田晃希君(浦和実業1年)、女子は斉木果穂さん(早大本庄1年)が優勝した。また9路盤戦の予選も行われた。
 個人戦と並行して中学・高校新人大会も行われた。
 県予選の結果は次の通り。各部門とも2位までが来年1月に神奈川県で行われる関東大会に出場する。
 【男子団体戦】①浦和A②春日部
 【女子団体戦】①浦和市立②大宮
 【男子個人戦】①池田晃希②保泉和俊(松山)③菅沼恵介(浦和)④小池朗人(熊谷)
 【女子個人戦】①斉木果穂②仲川暁実
 【9路盤男子】①安斎智(熊谷)②湯本達也(浦和)
 【9路盤女子】①鹿田菜月(大宮商)②細田七海(同)

囲碁彫刻

未分類
11 /05 2013
 3日の文化の日、NHKEテレの囲碁フォーカスで熊谷市妻沼の国宝・聖天堂の囲碁彫刻が紹介されました。
 この囲碁彫刻は修復に際し、盤面が全く消滅していましたが、日本棋院熊谷支部の新井三郎前支部長の尽力により、本因坊道策名人と熊谷本碩の碁を採用しました。けだし妙手だったと思います。

ふれあい囲碁教室

未分類
11 /02 2013
 「古典の日」記念事業の一つ、「芸術文化ふれあい交流フェア」が2日、桶川市のさいたま文学館で開催され、囲碁・将棋のほか茶道、筝などの催しがあった。
 囲碁部門では日本棋院の神田英九段、鶴丸敬一七段が指導碁にあたった。
 参加者には喜んでいただけたようだ。
 日本棋院埼玉県支部連合会と川口支部のスタッフが運営を担当した。

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!