FC2ブログ

坂本さんらが4強

未分類
06 /30 2013
 第59回全日本アマ本因坊決定戦埼玉県大会が30日、さいたま市大宮区の碁席・大宮本因坊で行われ、招待選手の坂本修作さん(白岡)らが4強に進出した。
 2日目となるこの日の県大会は、地区代表26人に招待選手3人、シード選手3人が加わり、32人によって1回戦から準々決勝まで3局が打たれた。
 参加者の中の紅一点・小山里佳さん(越谷市、浦和一女高3年)、小学生の川口飛翔君(川口市)は1回戦で敗れた。
 準々決勝の結果は次の通り(左方勝ち、敬称略)。
 坂本修作(白岡)―日高雅博(久喜)
 田熊秀行(川口)―福嶋常(さいたま)
 武井一利(さいたま)―新増季治(熊谷)
 木下暢暁(和光)―曽我部敏行(さいたま)
 準決勝、決勝は7月7日に同所で行われる。
スポンサーサイト

県連総会開かれる

未分類
06 /28 2013
 日本棋院埼玉県支部連合会の第Ⅲ期定時総会が28日、さいたま市中央区の与野本町コミュニティセンターで開かれた。
 参加したのは12支部から14人。日本棋院普及事業部からも一宮部長と杉本さんが出席した。
 事務局提案はすべて承認され、支部の活動報告に多くの時間を割いた。
 棋院との交流、支部相互の交流が深まり、実りある総会になりえた(と思う)。
 新役員は次のように決まった。
 会長;貴堂資彦(浦和中央支部)
 副会長;大沢完治(さいたま新都心)
 副会長;高津寛次(埼玉朝日、新任)
 理事;目黒篤(東武、新任)
 理事;広瀬専(東松山)
 理事;本木仁郎(「お茶の里」入間、新任)
 理事;横山晶夫(埼玉本庄)
 理事;押田秀夫(寄居、新任)
 監事;伊沢隆男(川口)
 監事;平沢義郎(深谷)
 事務局長;伊藤和由

浦和高と浦和一女高が優勝

未分類
06 /22 2013
 第37回全国高校囲碁選手権埼玉県大会団体戦が22日、さいたま市見沼区の大宮商高で行われ、男子は浦和高(斉木郁実、菅沼恵介、斎藤佑樹)、女子は浦和一女高(小山里佳、宮川彩花、加藤妃可里)が優勝した。
 大会には男子が7校8チーム、女子は2校が参加した。
 男子は変則リーグ戦で4局打った。浦和は当面のライバルの早大本庄、大宮、春日部を次々に打ち破り、4連勝で優勝を決めた。2位には早大本庄、3位には春日部が入った。
 女子は浦和一女が大宮商との一騎打ちを制した。
 全国大会は7月23日から行われる。

仲町小、埼大附属中が優勝

未分類
06 /16 2013
 第10回小・中学校囲碁団体戦が16日、北本市文化センターで開かれ、小学校の部でさいたま市立仲町小(佐藤宏志、本橋浩一、本橋明子)、中学校の部で埼大附属中(溝口将人、相川萌子、葛西雄里)が優勝した。
 全国大会の代表を決める選抜戦には小学校9校、中学校7校が参加した。変則リーグ戦で4局打ち、順位はスイス方式で決めた。各上位3校は7月28、29日に行われる全国大会に出場する。
 並行してクラス別戦(ハンデ戦)、混成戦も行われ、前者に24チーム、後者に6チームが参加した。
 結果は次の通り。
 【小学校選抜戦】
 ①さいたま・仲町小②開智小③久喜・東鷲宮小④さいたま・芝川小⑤坂戸小
 【中学校選抜戦】
 ①埼大附属中②開智中③さいたま・植竹中④朝霞第一中⑤和光第二中
 【クラス別戦】
 ①さいたま・大宮東小A、朝霞第四中、さいたま・大砂土小Bら3チームが優勝
 【混成戦】
 ①川口IGOアカデミーA

武澤君、斉木さんが優勝

未分類
06 /15 2013
 第37回全国高校囲碁選手権埼玉県大会が15日、県立与野高校で行われ、男子は武澤宏樹君(早大本庄3年)、女子は斉木果穂さん(同1年)が優勝した。男子準優勝の池田晃希君(浦和実1年)との3人が埼玉県代表として全国大会に出場する。
 大会には男子18人、女子3人が参加した。女子は総当たりリーグ戦の結果、優勝決定戦で斉木さんが小山里佳さん(浦和一女3年)を下した。
 男子は2ブロックに分かれて予選リーグ戦を3局打ち、2勝以上した8人が決勝トーナメントに進出した。代表決定戦では池田君が石川輝君(大宮3年)を、武澤君が井上晴方君(栄東1年)を破って代表を決めた。優勝決定戦は行わず、予選リーグで池田君に勝っている武澤君の優勝となった。
 全国大会は7月23日から3日間、東京の日本棋院で行われる。

埼玉Bが4位に

未分類
06 /10 2013
 第58回関東甲信越静囲碁大会が8、9の両日、栃木県の鬼怒川温泉ホテル三日月で開催され、埼玉Bチーム(増田育男、大倉健二、高橋治、橋本俊也、伊藤和由)が4位、埼玉Aチーム(曽我部敏行、田熊秀行、吉松滋、小川賢、武澤宏樹)が8位に入った。
 大会には16チームが参加した。2組に分かれて変則リーグ戦で4局対戦するシステムは例年通りだったが、今年は二つの点が異例だった。
 一つはくじを引いた時点であらかじめ4局目までの対戦相手が決まっていたこと、もう一つはチームの勝敗にはかかわりなく5人の勝ち星の総和で順位を決すること。
 このシステムだと大きく運、不運が左右する。親睦戦ならそれでいいが、一部には不満もくすぶっていた。
 埼玉Aは優勝候補の神奈川A、東京Aと同じ組で、この2チームとの対戦も組まれていた。
 一方、埼玉Bは対戦相手に恵まれ(システムの恩恵を受け)、1回戦は千葉Aに4―1、2回戦と3回戦は栃木Cと東京Bを5―0と完封した。3回戦終了時には勝ち数トップだったが、最終戦は神奈川Bに1―4で敗れ、惜しくも入賞を逃した。

川口君、工藤君が優勝

未分類
06 /02 2013
 第34回少年少女囲碁埼玉県代表選抜大会が2日、川口市立中央ふれあい館で行われ、小学生の部で川口飛翔君(川口市立本町小5年)、中学生の部で工藤義也君(開智中1年)が優勝した。
 大会には小学生24人、中学生11人が参加した。小学生は4組、中学生は2組に分かれて予選リーグ戦を3局打ち、各組2位までが決勝トーナメントに進出した。
 決勝トーナメントの結果は次の通り(左方勝ち)。
◆小学生の部
【1回戦】
 川口飛翔―田坂圭都
 和久津寛人―秋山颯吾
 佐藤宏志―竹下凌矢
 大須賀聖良―小西涼暉
【準決勝】
 川口―和久津
 佐藤―大須賀
【決勝】
 川口―佐藤
【3決】
 大須賀―和久津
◆中学生の部
【準決勝】
 津田裕生―中島駿
 工藤義也―宮内康太郎
【決勝】
 工藤―津田
【3決】
 宮内―中島

オオボケnaoちゃん

FC2ブログへようこそ!